読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大好きだよ くう

犬と楽しく暮らすには

分離不安。。。。から

超~久しぶりの更新となりました(__;)

色々と本当に色々ありました。

 

季節も変わりくう一家は引越をしました。

今までは団地の集合住宅。

くうを迎え吠えることにもすごく気を遣いながら過ごして5年弱。

私たちの年齢も。。。。

日常生活がもう少し体に負担にならないように過ごしたいと思いながら数年、やっと重い腰を上げました。

だって絶対引越作業大変だもん!

そう想像以上に大変!二日に渡っての大移動(同じ市内ですけど)

 

新しい家に引っ越して慣れない階段の上り下り。

どこに何があるのかしばらく解らず何度もあちこち探しまわるし。

業者さんの出入りが何日も。

私たちでさえ疲れて戸惑っているのにくうが平気なわけなかった。

引越前に5日間娘のところに預かってもらったことも今考えると、どんなに大変でも一緒にいればよかったと思うこと。

 

バタバタと過ごししばらくお休みさせてもらっていましたが仕事の日がきます。

その前の2日間いつものようにケージで一時間、二時間とお留守番。

特に変わったこともなく(玄関出るときは吠えていましたが)大丈夫かなと。

 

仕事一日目。ちょっとケージの中が乱れているなぁ。

二日目。えっつ( ・_・;)なんでケージから出てる?

    そうケージのスライドドアを壊して出ていました。。。びっくらぽん!

三日目。ケージが壊れたのでフリーでお留守番。帰ったらひどいパンティング状態。

    動悸もあり呼吸も異常。しばらくだっこして落ち着いたら散歩で臭い嗅ぎをた くさんして更に落ち着かせました。

これはおかしいと思いお留守番カメラを設置。

 

土日を挟んで

四日目。フリーで。カメラを見ると2時間以上も吠え続けリビングとキッチンをずっと歩き回っている状態。疲れるとソファーに上がるものの寝ながら吠える。

しばらくするとまたウロウロしながら吠えるの繰り返しの6時間。

五日目。この日は公開授業で茨城大学の日。

   どうしようと思いながら壊れた入り口を結束バンドで縛ってケージでお留守番。

ところが吠え続けながら縛ったところを歯で噛み切ろうと必死。

床を死にものぐるいで掘り掘り。

ケージの柵を歯で噛み切ろうとする。

この時口周りはビチャビチャ。呼吸はハーハー。目の周りも充血。

授業を受けるどころではなく引き返しました。

くうが死んじゃう!!

本当にこの時はそう思いました。いつ倒れてもおかしくない状況です。戻ってよかったと今も思っています。

 

分離不安ですよね。

家にいても常につきまとっています。家が変わって不安なのはわかって(いやわかってなかった)いたつもりなのでドアは閉めずに追ってこられるようにしていました。

 

どうしたらくうを楽にしてあげられるのか。。。。

もう私の中で考えられなくなっていました。

 

いつも学ばせて頂いているチャーリードッグスクールの夏目先生に連絡してこの状況を話しました。

先生は決して私を責めることはしません。どう考えても私がくうを追い詰めたのに。

甘い考えでくうに甘えていたんです。後悔しても仕切れないほど。

 

そこで頂いたアドバイスはくうが安心するための言葉を『名前を呼んでおやつ』で取り戻しましょうと。お家でお留守番トレーニングでした。

 

今まで仕事に行く時に掛けていた言葉が今は安心できる言葉になっていないほど不安な状態なんです。

その言葉を安心の言葉に戻すためにおやつを対提示。

その日の夜から何度となく繰り返し翌日は朝から家と庭でノーズワーク(臭い嗅ぎをすると落ち着きます)

それですごいですよ!

 

なんと昨日までのザワザワした気持ちはどこ行ったの?です。

昨日まで死んじゃう!だったのが

玄関出たときは吠えていたので心配だったけど仕事場までバイクで10分位。カメラを見たらソファーで寝てるーーーーーーー。

えっーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー本当にーーーーーーーーーーー?

でもまだしっかり寝てるわけではないんでしょうけど。とりあえず落ち着いています。

そのまま6時間。

 

次の日はバイクで出て1,2分したところでカメラを見たらもう寝てた!すごいぞくう。

時々見ても今日はのびのび寝てる様子でした。

 

それからも玄関を出ると少しの間は吠えていますが数分で落ち着いてお留守番出来るようになりました。

昨日もセミナーに参加していたので時々カメラを見ながら何かあったらすぐ帰るつもりでいましたが9時間くらい上手にお留守番してくれました。

またまたびっくらぽん!嬉しいびっくらぽん!

 

リラックスをしているときに名前を呼んでおやつをしたことによっていつもの言葉がストンって戻ってきたかのようでした。

あーそうだ。この言葉はお母さんが帰ってくる安心できる言葉なんだって思い出してくれました。

本当に感動でした。たった数時間でこんなに変わるなんて。

 

でもねトラブルが起こったときこんなにオタオタしてしまう自分が情けなくて。。。。

つらいのは私じゃなくくうなのに。

今まで何を学んできたのか全然わかってなかったくうの気持ち。

 

もう一度一からやり直しだよ!って言われたようでした。

はい!お母さん頑張るよ!

 

問題が起こったときに何かしようとするのではなくリラックスしているときにいかに安心感を持たせてあげられるか。

それが積み重なって不安なときに大丈夫になるんですね。

そしてその大丈夫が積み重なって自信になる。

 

何かあったら大丈夫が溢れるくらいいっぱい貯金をつくっておこうと思います。

そして心の港になりたいと思い続けて取り組んでいる『名前を呼んでおやつ』の素晴らしさをも実感しました。

だってくうが身をもって実証してくれたんでから。

先生がおっしゃった心を込めて取り組んで下さいという言葉を肝に銘じて丁寧に。そして私自身が強くなるにはもっと学ばないといけないと思いました。

 

何かあったとき助けて頂ける先生やお仲間がいることに本当に感謝しています。

 

f:id:malte-na-kuu:20161125215000j:plain

 今はこんなにリラックスしてお留守番中 カメラより

 

f:id:malte-na-kuu:20161125215126j:plain

 お散歩は臭い嗅ぎに夢中