読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大好きだよ くう

犬と楽しく暮らすには

ありがとう くう

先日益子にお出かけしました。そうあの益子焼の町です

窯元さんのお店がたくさん並んでいてとっても素敵でした。

若い頃は焼き物なんてあまり興味なかったですがやっぱり年を重ねると趣のある物を見るのが楽しくなりますね。

娘と遊びに行ったのでやっぱりまだ焼き物には興味ない年ですよね。

ゆっくりお店を見ることはしませんでした(犬連れだしね)

 

お昼ご飯を頂きにいったのが「森のレストラン」

f:id:malte-na-kuu:20160121203310j:plain

f:id:malte-na-kuu:20160121203952j:plainf:id:malte-na-kuu:20160121204248j:plain

本当に森の中にあってお料理も美味しく食べ過ぎちゃいました。

 

それからお散歩に真岡の「井頭公園」

とっても広くてここも森の中みたいです。

 

一緒に行った娘の愛犬は白内障でほとんど目が見えません。

でもよく歩くし家の中、たまに来る我が家でも何処に何があるのかわかっているかのように自然に行動しています。

わんこってすごいね。

お散歩していても多分目が見えないなんて気づかないと思います。

リードを持っているママのことを信頼して付いてきているんですよね。

以前は前を引っ張って歩く子だったんですが今ではすっかりママの後ろ。

 

この子は人が大好きで他のわんこさんには全く興味なしです。だからといって吠えるわけでもなく自然とスルーします。あなたに興味ないわ。って(笑)

だからいつもくうに自分から近寄ってくることはありませんでした。

でもこの日くうに近寄った時がありました。

f:id:malte-na-kuu:20160121210220j:plain

自分からくうに近寄って臭いを確認に行ったのかなと思います。

こんな行動は初めてだと思います。

目が見えないから臭いの確認ですよね。きっと。

わんこさんは臭いの世界で生きています。だから臭いを嗅ぐことは生きていく上で大切なことです。まして目が見えない今臭いだけが頼り。

この子は今臭いの世界を安心して楽しんでいるんでしょう。

パパやママの臭い 家の中の臭いがこの子にとって安心できる臭いなんですね。

私ももしくうの目が見えなくなった時安心できる臭いに囲まれて生活できるようにしてあげたいと思います。

 

お散歩中私は時々止まって写真を撮ります。

そんな時くうは足元で黙って待っていてくれます。

勿論安全確認した上での写真撮影です。

そのくうの姿を見た娘に「くうちゃんの待っている感すごいね」って言われました。

 

そうか私にとって普通になってしまっていたくうの行動ってすごいことなんだと。

お母さんがこうやっているときは待っていてあげようと自分で考えて行動していたんですね。はじめの頃は待っててね、ありがとうと言っていましたが最近は黙っていても待ってていてくれるくうに甘えていたんですね。

いかん、いかん!反省しなくては。

せめてありがとうは言わなくちゃいけませんね。

「くう ありがとう」 

お母さん嬉しかったよ。

 

多分生活の中で自分で気づかない当たり前になっている事ってあるんじゃないかな。

お互いに寄り添って相手のことを理解しているからなんでしょうけど甘えてはだめですよね。ちゃんと見ていないと。

 

f:id:malte-na-kuu:20160121221045j:plain

f:id:malte-na-kuu:20160121221203j:plain

 

 

 

 

 

 

 

鳴いたらダメですか?

2016年は初日の出に素晴らしいダイヤモンド富士を見ることが出来とてもいいお正月を過ごしました。

f:id:malte-na-kuu:20160114011735j:plain

f:id:malte-na-kuu:20160114012621j:plain

 

 

その旅行中の事

キャンプに行ってテント設営をしていたら斜め向かいのサイトで犬の鳴き語がしていました。時々何かのきっかけで『キャンキャン』と。

飼い主さんの吠えないのよと言う声も一緒に。

その時奥から『犬の声がうるせーよ』と怒鳴る声がしました。

 

えっ?そんなにうるさい?ここは犬もOKというキャンプ場です。

まして昼間で子供達もきゃーきゃー騒いでいるほどなのになんで犬が鳴いただけで怒鳴られなくちゃいけないんだろう?

くうも勿論吠えます。だって犬だもん。

人間の子供が騒いでいるのと犬が鳴いているのと何が違うの?

 

子供が騒いでいれば親は静かにしなさいと窘めますよね、それと同じように犬が鳴けば鳴かないよ、吠えないよと言います。

それでいいんじゃないかな。

子供達だってキャンプ場に来れば嬉しくて喜びますよね。

犬だって喜ぶ仔もいるし逆に警戒して吠える仔もいると思います。

 

我が家もキャンプ場に行くのにくうの鳴き声には気を使います。

多くの飼い主さんは工夫をしたり気を使ったりしているんじゃないかな。

 

多くの人が犬は鳴かないのが当たり前で鳴かせる事がいけないことと思っている気がします。

だから鳴く吠える事に対して過敏になりどんな手段を使ってでもすぐに鳴き止ませなくちゃ。と必死になります。

飼い主さんが必死になりすぎて犬は尚更興奮して又吠える。最後は叩く、脅かす。

その場では吠えやむかもしれませんが解決には繋がらないような気がします。

 

吠えても『吠えないよ』又は好子を使って『いい子』で落ち着けるように。

犬は話せばわかってくれる動物です。すぐにはわからないと思うけど毎日の取り組みで少しずつ。

そして吠える犬をみても暖かい気持ちで見守ってくれる人が一人でも増えたらいいなと思います。

 

 

f:id:malte-na-kuu:20160114011310j:plain

 

 

 

以前くうのピンポン吠えで必死になっていたあの頃を懐かしく思います。

何とかしなくちゃって、おやつ使ったりあたふたしました(^^;)

今でも吠えます。誰か来たよ!何か音がするよ!って教えてくれますから。

 

そんな時はハイハイ。待ってて見てくるから。

で、吠えやみます。

その後は黙って待っていてくれます。

時々フェンスの隙間から鼻先出してじっと見ていたりね(笑)

 

戻ってくると誰?何?って顔して見つめてくるので宅急便の荷物が届いたよ。

何だろね~。って会話しますけど変ですか?

 

物音がして気になる様子の時は玄関まで一緒に見に行って

何もないね~。って納得して戻ります。

子供と同じですよね。ちゃんと会話している気がして楽しいです。

 

変かもしれないけど楽しいからまぁいいや。

罰を使ったり、脅かしたりしても楽しくないもん。

会話して楽しければいいよね。

楽しく暮らす事が出来ればいいね。

 

 

あなたの犬は幸せですか?

マルチーズを迎えてもうすぐ4年。楽しいことも困ったこともありました。犬を学び始めて3年目。そんなこんなを綴ってみようと思います。

 

昨日は今年最後の埼玉座学に参加してきました。締めくくりに相応しく熱~い座学となって頭も心もホッカホカ(笑)最後に『皆さんのわんこさんは幸せですよ』と先生が言って下さいました(ウルウル)

この子は家に来て幸せなの?

他の家だったらこじれた関係から噛む吠えるなんて事も無く穏やかに暮らせたんじゃないか?などとよく考えます。

このこじれた関係とは、よく言われる問題行動、攻撃行動が出たときのしつけ方法からくるものです。

そもそも問題行動、攻撃行動って何じゃラホイ。

人に吠える、唸る。

犬に吠える、唸る等。

う~ん。これって本当に問題行動?犬なら吠えるよね~「わんっ」犬だもん。って今なら言えます。

でもでも、くうを迎えたときは焦ってどうしよう・・・このままだったら大変なことになるって思いました。そして厳しく叱り、無視したり、なめられまいと必死でした。その結果もっと吠える、さらに唸る、噛むようになってしまったんです。

だってだれだって毎日怖い思いしたら自分を守ろうとしますよね。犬なら犬語でわん。手を使えないんだから口で止めてと噛む。当然の行為。

そして信頼関係なんて築けずこじれるばかり。そりゃそうだ。でもその時は”そりゃそうだ”がわからず、なんで吠えるの?何で噛むの?の繰り返し。

この叱る、なめられたくない、自分の言うことを聞かせたい、が間違っていたんです。

怖い思いまでさせてする事ではないんですよね。楽しく暮らせばいいじゃない。叱らないで脅かさないで痛みを与えないで暮らしていく為のルールを教え理解してもらうこと、出来ます!

犬のことを正しく学び、こちらが犬を理解すればいいんじゃない。犬だって心はあるし、感情豊かです。笑顔もあるし、困った顔もするし、勿論おこったりね。変顔も?あるかも。そんな顔見てるだけで楽しい♪思春期もあります。

心を壊し感情を閉じ込めるトレーニングやしつけなんて必要ない。感情のない冷めた眼をしたわんこさんを落ち着いていると勘違いしたくない。

今犬のことを学び始めまだまだ途中ですが、関係を修復するために楽しいことを経験して上書中。でもトラウマになってしまっていることも多分あるんじゃないかな。それがきっかけで噛んだりする事もありますが、焦らず少しずつ修正しよう。

毎日楽しく暮らしていこう。前を向いて。大好きな飼い主になってもらえるようにね。

何を言ってもニコニコ、ヘラヘラしながらしっぽ振ってついてきてほしいから。

そしてこうやって学んでいる飼い主さんのわんこさんは幸せですね。って言ってくれる人がいるんですから大丈夫。頑張れますとも!

f:id:malte-na-kuu:20151220235226j:plain

 パピーの頃のくう